塾講師なら東南アジアの就職も間口が広い

タイで塾講師をしています。次はどこの国に行こうか思索中です。

ご無沙汰しております。
更新が滞っていたのは、パスワードを紛失して再発行するためのメールアドレスも何を登録していたか忘れていたからです。ただ記事にコメントをいただけたことで、どこのメールアドレスから登録したかがわかったからです。

メールアドレスを探したのには理由があります。その理由は、今年から塾講師の契約が半年毎の更新になり、来年にはクビになるのではと不安になったからです。契約が半年になったのは色々なことが考えられると思いますが、僕が思う原因は昨年末に塾を拡大し教師と教室を増やしたものの、生徒数が伸びなかったことが挙げられます。実際は一時的には増えましたが、4月に日本へと帰る生徒数が思いの外多く、逆に塾に入ってくる人が少なかったため、固定コストが増えたのに生徒数が横ばいという惨状になりました。タイで3年目となり、実績もある僕は塾内では古株ではありませんが、給料は塾長の次に良いです。

こういった理由から来年の4月に契約が更新されなければ、40代半ばの僕には厳しい現実が待ち構えているのがわかっています。タイは40代後半から50代は、本当に仕事がありません。そのため、どうせ転職するなら早く動こうと思い、8月に以前タイの仕事を紹介してもらった人材紹介会社キャリアリンクタイランドの連絡先を見つけ、担当者に電話をしたところ、「求人情報は以前のメールアドレスに送っておきます。」と言われ、そのメールアドレスを確認したところ、このブログを登録したメールアドレスと判明したのです。

話が錯乱していますが、全てをまとめます。

転職活動をしようと、以前仕事を紹介してもらった人材紹介会社に連絡したところ、人材紹介会社に登録していたメールアドレスがブログを作成する時に登録したメールアドレスと同じだったので更新とコメントの返答ができたということです。

Leave a Comment