塾講師なら東南アジアの就職も間口が広い

タイで塾講師をしています。次はどこの国に行こうか思索中です。

前回、転職活動中ということをお伝えさせ頂きましたが、晴れて就職先が見つかりましたので報告させて頂きます。また就職を見つけた経緯についてもお話したいと思います。

先月、人材紹介会社キャリアリンクタイランドの担当者へ連絡をしたところ、すぐには返事はありませんでした。1週間くらいしてから、タイではなく人材紹介会社キャリアリンクベトナム(外部リンク)の担当者より連絡がありました。
内容は「大卒以上で教職免許もしくは塾講師経験がある人」という条件でした。

それは私のことだと思い、二つ返事でお願いしました。
担当者に言われるがままに最新の履歴書と職務経歴書を作成し、人材紹介会社を通じて面接の依頼を入れてもらえました。すぐにスカイプでの面接をしてもらえました。スカイプ面接の二日後に結果を頂き、週末を使って一度会いたいと言ってもらえました。
タイは祝日が多い国なので12月上旬の祝日を使い2泊3日でベトナムに行き、最終面接を受けてきました。
社長さんとベトナム担当者、ベトナム人スタッフの3人と話し、ライセンスが取れたばかりなので立ち上げスタッフとして頑張ってもらい営業もして欲しいということも言われました。また将来はベトナムの責任者なって欲しいとも言われました。これで落ちたら、対人恐怖症になるんじゃないかと思うくらい意気投合し、夜は食事まで一緒にさせて頂きました。
しかし、夜の食事会でも採用結果は教えてくれず人材紹介から伝えるということで不安もありました。

タイ帰国してから3日後、人材紹介会社の担当者より「採用したい」という連絡を頂きました。
内心は「当たり前でしょ?」と思いながらも、担当者へ「有難う御座います。」と感謝の言葉を伝えました。

今週末はカウントダウンイベントが控えていますが、正式に契約書にサインをするために再度ベトナムへと伺います。学習塾の責任者とは週明けに会うのですが、それまでの間はベトナムを楽しもうと思っています。

Leave a Comment

ご無沙汰しております。
更新が滞っていたのは、パスワードを紛失して再発行するためのメールアドレスも何を登録していたか忘れていたからです。ただ記事にコメントをいただけたことで、どこのメールアドレスから登録したかがわかったからです。

メールアドレスを探したのには理由があります。その理由は、今年から塾講師の契約が半年毎の更新になり、来年にはクビになるのではと不安になったからです。契約が半年になったのは色々なことが考えられると思いますが、僕が思う原因は昨年末に塾を拡大し教師と教室を増やしたものの、生徒数が伸びなかったことが挙げられます。実際は一時的には増えましたが、4月に日本へと帰る生徒数が思いの外多く、逆に塾に入ってくる人が少なかったため、固定コストが増えたのに生徒数が横ばいという惨状になりました。タイで3年目となり、実績もある僕は塾内では古株ではありませんが、給料は塾長の次に良いです。

こういった理由から来年の4月に契約が更新されなければ、40代半ばの僕には厳しい現実が待ち構えているのがわかっています。タイは40代後半から50代は、本当に仕事がありません。そのため、どうせ転職するなら早く動こうと思い、8月に以前タイの仕事を紹介してもらった人材紹介会社キャリアリンクタイランドの連絡先を見つけ、担当者に電話をしたところ、「求人情報は以前のメールアドレスに送っておきます。」と言われ、そのメールアドレスを確認したところ、このブログを登録したメールアドレスと判明したのです。

話が錯乱していますが、全てをまとめます。

転職活動をしようと、以前仕事を紹介してもらった人材紹介会社に連絡したところ、人材紹介会社に登録していたメールアドレスがブログを作成する時に登録したメールアドレスと同じだったので更新とコメントの返答ができたということです。

Leave a Comment

次ページへ »