塾講師なら東南アジアの就職も間口が広い

タイで塾講師をしています。次はどこの国に行こうか思索中です。

のんびりマイペースな性格なのと本名が信行(のぶゆき)であることから、周りから「のびた」と呼ばれています。

僕は現在、タイ首都バンコクで塾講師をしています。そろそろ、またどこか違う国で塾講師にチャレンジしてみたいと思っている今日このごろです。タイはとても住み心地がいいのですが、せっかくなら色んな国に住んでみたいといった理由からです。

僕は昔から教員になりたいと思っていました。大学時代は教育学部を選考し、4年生ではじめて教員試験にチャレンジしましたがあえなく不合格。社会科は他の科目に比べて倍率がとにかく高く、簡単になれないのが現状です。大学卒業後は臨時職員として都内の中学で2年間勤務しました。その間も教員試験を受けたのですが不採用でした。

このまま臨時職員を続けて教員試験にチャレンジするか?あるいは違うことをやってみて経験値をつむか迷った末、海外での就職にチャレンジしてみる決意をしたというわけです。僕は今も教員になることはあきらめていません。ただ教員試験は40歳まで受けることができるため、そろそろまた再開しつつ受かるまでは海外で塾講師をしていようかな?と思っています。

教員試験ですが、年々ますます倍率も高まっており狭き門となっています。簿記など受験者が少ない科目に変えるのも1つの手段だそうです。

僕が最初に海外で勤めたのは、シンガポールでした。シンガポールもおすすめの国です。日本人も多いし、英語圏だし何かと便利な場所だと思います。

昔から教員になることが前提だったため、まさかこんなに長く海外で勤めるなんて思いもしませんでした。実際に働いてみたら仕事もプライベートもとても充実していて、日本で働くのはもう少し先でいいかな?とついズルズル後伸ばしになっています。(反省)

それはさておき、海外で働く上で塾講師についてはけっこう就職先もありおすすめといえます。海外では条件が良くないケースがけっこう多いのですが、塾講師については比較的安定していて、環境も整っているところが多いです。給料についても他の業種に比べて恵まれていることと思います。

また休みが長いところも多いので、その点でも良いと感じています。海外で塾というと言語はどうか?など心配があるかと思いますが、通っている生徒は日本人、あるいはハーフの子たちでやっていることは日本の塾と変わらない内容です。思い描いていた人生と全く異なり、現在に至るわけですが僕の経験が参考になればうれしいです。

教員試験に興味のある方はこちらのウェブサイトも見てください。(他のウェブサイトに移動します。)
教員採用試験に挑む方のブログ ( http://ameblo.jp/fuj0306/ )

Leave a Comment