塾講師なら東南アジアの就職も間口が広い

タイで塾講師をしています。次はどこの国に行こうか思索中です。

海外で僕が働けそうな職場でまず真っ先に思いついたのは「塾講師」です。一応教員免許も持っているし、学校や塾での講師経験もあります。子供が好きなのと教えることが好きなので、仕事としても好きなジャンルです。海外・塾講師・求人でインターネット検索したところ、いくつかの求人が出てきました。

内容を見ると、けっこう悪くないなと思うものが多かったです。僕の場合教えることができるのが社会科と国語が主でした。そのため理系の講師募集にはエントリーは難しいなといった状況です。

幸い社会と国語で募集をかけていたところがいくつかありました。国名でいうとアメリカ、インド、シンガポール、中国でした。

アメリカについてはビザの問題があり難しそうだなと思ったこと、インドについては旅行ならともかく住むとなればちょっと・・・と感じたこと、そこで中国かシンガポールかにエントリーしようと考えました。

第一希望がシンガポール、第二希望が中国で、まずはシンガポールにエントリーしてみました。シンガポールの塾からはすぐに返信が届き、まずは履歴書と職務経歴書を送付してほしいといった連絡がありました。

僕はすぐに履歴書と職務経歴書を送付しました。その結果書類選考は通ったようで、1度シンガポールで面接できないか?と連絡がありました。

その後旅行がてが3泊4日でシンガポールに行き、面接を受けました。シンガポールは初めての地です。

第一印象としてはきれいな街だなと思いました。アジアのイメージからかけ離れていて、日本でいうと仙台や福岡、名古屋といった地方都市のようなイメージでした。

シンガポールの塾では面接のみとの連絡でした。本来は模擬授業があるそうですが、僕の場合学校での塾や勤務経験があるのでその点が考慮されたようです。

シンガポール入りの翌日待ち合わせの時間に塾に出向きました。近代的なビルの一角にある塾でした。看板は日本語と英語で出ており、生徒が何人かいたのですがみんな日本人のように見えました。言葉ももちろん日本語でした。

ちょっと一安心し、いよいよ面接がスタートしました。

なぜシンガポールで働きたいのか?また条件面などについても詳しく聞かれました。

条件についてはよくわからないので、お任せしますといった受け答えをしていました。日系なので日本的な福利厚生なのかと思っていたのですが、健康保険や年金の福利厚生はなく、シンガポールの健康保険のみとのことでした。

またシンガポールは家賃がけっこう高いそうで、それに関しては会社の福利厚生として住居提供無料で実施しているという話でした。

シンガポールには塾がたくさんあり特集が組まれるほどです。(他のウェブサイトに移動します。)
シンガポール国内にある学習塾リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です